「家族を診るように」そんな気持ちで診療しています

一般歯科・小児歯科・予防歯科

虫歯治療

歯を残すための治療を

当院では「できるだけ歯を削らない治療」「できるだけ歯を残す治療」を掲げています。
それとともに、より痛みの少ない治療に努めています。

 

痛みを軽減するための麻酔にも細心の注意を払い、打つ位置や打ち方を個々の患者さんのお口の状況や虫歯の状況に合わせて工夫しています。

初期虫歯

歯の表面に穴が開いた状態が虫歯ですが、それは歯の表面がザラザラすることから始まります。
初期虫歯は削ったりするのではなく、進行を止めることが中心となり、歯ブラシのケアがきちんとできれば、ツルツルに近い状態まで戻すこともできます。歯ブラシ指導やクリーニングを推奨します。

進行した虫歯

穴が開くまで進行した場合は、削って埋めるしかありません。
細菌が出した酸により柔らかくなった歯の組織を取って、その箇所にプラスチックなどの被せ物をしたりという治療になります。進行が著しく、神経まで達していたら根管治療という神経の治療が必要となります。
その次は抜歯となってしまいますので、早い段階で治療にかかっていただくのが大切です。

レーザー治療

出血や痛みを軽減させるために、積極的にレーザー治療をしています。
炭酸ガスレーザーは、歯茎や粘膜を切ることや、止血に有効です。
Er:YAGレーザーというものは、虫歯を削るときや顎の骨を削るときに痛みを軽減することができます。

ドックベストセメント(Doc's Best Cement)

新しい概念の治療法です。鉄イオンと銅イオンなどの天然ミネラルを主成分としているので、身体に対しての害はなく安全な治療方法です。自費治療ですが、歯をできるだけ削らないことを目的とした治療で、虫歯が進行して根っこの治療(根管治療)まで必要となった患者さんにお勧めしています。また、治療回数も少なく済み、比較的簡単な治療法なので、患者さんに対する負担も軽減できます。
虫歯の部分を完全には取り除かないのが特徴で、神経を取ることもしません。 そのような状態でドックスベストセメントを詰めると、その持続的な殺菌作用で虫歯が無菌化され、石灰化し治癒するのです。
歯の神経を取ることは、大きな木が枯れてしまうようなものです。神経を残すに越したことはありません。

 

ドックベストセメントの流れ
1、虫歯に付着した汚れを高濃度次亜水(POICウォーター)にて洗浄します。
2、虫歯部分を極力削らないようにし、ドックスベスト粉とコーパライトを塗布します。
3、ドックベストセメントの充填を行います。
4、むし歯による欠損が小さい場合は、即日充填を行い終了です。
大きい場合は複数回にわたります。※型を取ったりする必要があるため。

ドックベストセメントのメリット・デメリット

ドックベストセメントのメリット

●う蝕(むし歯)部分のわずかな箇所しか削らなくて済む
●歯髄(歯の神経)を取り除くリスクが減る
●神経に達する直前のむし歯には特に有効
●長期的に歯を残せる可能性が高まる
●通常のう蝕(むし歯)治療に比べ、治療回数・時間を抑えることができる
●歯科治療に抵抗がある方に対してのストレスを軽減できる

ドックベストセメントのデメリット

●う蝕(むし歯)が神経にまで達している状態で、強い痛みを伴っている場合にはドックベストセメントが適応できないことが多い
●C0やC1などの微小なむし歯には適応できない
●保険が適応できないため、自費での治療となってしまう

歯周病治療

痛みやうずきの前からの対応を

歯周病は、歯を支える顎の骨が溶けてくる病気です。
歯周病の初期段階を歯肉炎といいます。「出血した」「痛くて噛めない」「うずうずして気持ちが悪い」――などの症状で受診される方が多いです。
歯周病は多くの方が悩みを抱えています。
歯に対していくら良い治療や審美的な作業をしても、土台が良くなければ意味がありません。

歯周病はどのように進行するか

1 カビが歯ぐき(歯肉)に付着し、そこから炎症を起こします。

歯周病の進行1

症状:口臭やネバネバ感

 

2 炎症が原因となって歯ぐきが徐々に腫れだします。また、歯と歯ぐきの溝に汚れが溜まりやすくなり、カビによって溝の奥まで炎症を引き起こすようになります。

歯周病の進行2

症状:歯ぐきの赤みや時おり出血する

 

3 歯と歯ぐきの間に歯周ポケットが出来ます。このポケットに歯周病菌が溜まり、炎症の悪化や骨が溶けてきます。

歯周病の進行3

症状:歯ぐきの炎症・腫れ・赤みの悪化

 

4 歯周ポケットが深くなり、このポケットにたくさんの菌が入り込むようになります。

歯周病の進行4

症状:歯ぐきを押すと膿が出てくる

 

5 骨は徐々に溶けてしまい、歯周ポケットの溝もさらに深くなってきます。4よりもさらに多くの菌が溜まります。

歯周病の進行5

症状:口臭・出血の悪化、歯がぐらぐらする、痛みで咬みにくい、膿が出る、歯ぐきが頻繁に腫れる

 

6 最終的には歯を支える骨がなくなり、抜歯が必要となるぐらぐらな状態にまで至ります。

歯周病の進行6

症状:歯の痛みや歯のぐらつきが原因で咬めない、常に歯ぐきが腫れている

歯石を超音波で除去

治療法は、歯と歯肉の間に溜まっている細菌と歯石を除去します。
スケーリングといい、超音波の振動を加え、表面の歯石を弾き飛ばしますことが主体となります。
進行している場合は深い所に歯石がつき始めていることがあるので、麻酔をして大がかりに行う処置もあります。
当院では、超音波による振動を痛いと感じる患者さんに対しては、機械を使わずに手作業で歯石除去を行っています。

投薬で治す歯周内科を導入

従来の歯周病治療は、器具を使って外科的に歯石などを取ることがメインでしたが、それだけでは細菌を全滅させることはできません。
そこで注目されているのが、内服薬によって菌をやっつけようという歯周内科です。
患者さんの肉体的負担が少ない、優しい治療と位置付けられています。

 

綿密な検査でどのような菌がいるのかを分析したあとに、1週間ほどの飲み薬と歯ブラシにつける抗真菌剤で口の中を除菌します。
自費治療による、除菌後の口内ケア対応しております。

歯周内科について(国際歯周内科学研究会HPより引用)

歯周内科治療は位相差顕微鏡検査・リアルタイムPCR検査で、お口の中に感染している細菌・真菌・原虫などを特定し、動画管理システムに記録しそれらの微生物に感受性の ある薬剤を選択し、微生物叢を非常に綺麗な状態に改善することで歯周病を内科的に治す治療方法です。

治療前の非常に汚れた微生物叢が治療後 は非常に短期間で綺麗に改善し、術前・術後の状態が一目瞭然に画像で示されるという利点があることが知られています。

また、はっきりと自覚 できる程、歯茎からの出血や排膿が短期間で改善されます。以前は、長時間歯磨きや外科治療によって1~2年の治療期間でそのような綺麗な微 生物叢を獲得していたのです。

微生物叢が改善されたら、歯石を除去します。その場合も、微生物叢が改善されていると、冷たいものがしみるというような症状が非常に少なく なることが知られています。

(なお、前歯においては短期間で歯茎が縮むので歯が伸びたような感覚が生じることがあります。そのような場合には残念ながら通常の治療では 元々骨が溶けている状態ですので改善は難しいようです。その場合は特殊な審美外科を行う必要があるかもしれません。 )

歯科検診

3カ月に1回の安心チェック

口の中に異常を感じなくても、3カ月に1回は検診に来ていただくのがベストです。
口の中の様子は刻々と変化します。虫歯の発見はもちろんですが、粘膜の変化など専門の歯科医が見ると異常の手がかりが見つかることもあります。
歯のメインテナンスとセットになりますので、生活習慣のひとつとしていただければと思います。

成人歯科検診とは

さいたま市では、さいたま市内に住む40歳以上の成人が対象に

「歯科検診」を行っています。健診結果で精密検査が必要と

診断された人の内訳をみると、最も多いのが全体の約4割を占める

「歯石除去・経過観察」でした。歯石は放っておくと歯周病を引き起こすほか、

歯肉炎や歯周炎などの歯周病の症状が進むと歯を失うことにつながることから、早めの対応が必要です。

ご不明点などありましたら、いつでもご相談ください。

小児歯科

「削りすぎない」「痛くしない」がコンセプト

お子さんの虫歯治療は恐怖心や痛みから将来にわたるトラウマになり、歯医者嫌いになってしまうこともあります。
小さいときには、押さえつけて治療するよりも、応急措置をして4~5歳まで様子を見ましょう、ということも多くあります。

 

お母さんにも日常生活での協力をいただきます。
細菌に感染しないような習慣づくり、虫歯をつくらないような食生活――といったお話をていねいにします。

治療の前にトレーニング

お子さんには、注水装置を「水でっぽう」、バキューム装置を「掃除機」、削る機械は「バイ菌をやっつけるドリル」などと説明しながら、使う理由を説明します。
いきなり口の中に入れるのではなく、外で噴霧したりして様子を見せると安心感とともに興味を持ってくれます。
コミュニケーションを通してみなさんにリラックスしてもらってから本格的な治療に移ります。

お子さんの歯と口の健康を守るため、歯科検診を無料で行っています。

当院では、子供の歯と口の健康を守るために、歯科検診を無料で行っています。

さいたま市が歯科健診を歯科医師会に委託して行っており、

対象者は、さいたま市に住む1歳6ヵ月~2歳未満の幼児、3歳~4歳未満の幼児です。

ご不明点などありましたら、いつでもご相談ください。

 

クリーニング

定期的に“大掃除”を

虫歯も歯周病も早期発見が望ましいのはもちろんですが、「予防」にこしたことはありません。
「ホームドクター」としての歯科医院を持っていただくことで、痛みや違和感がなくても通いなれた医院で定期的にクリーニングすることをお勧めします。

プロフェッショナル・ケア

歯科医院で行う専門的な歯のケアです。PMTC(専門的機械歯面清掃)といって、毎日の自分で行う歯磨きでは落とせない歯の汚れや細菌を、プロの技術と専門機器で除去します。
定期検診とセットで3カ月に1回のペースで来ていただければと思います。

 

どんなに一生懸命に家で歯を磨いても、口の中には歯周ポケットや歯と歯の間、歯の根元などきれいにしづらい部分がたくさんあります。歯を強くするフッ化物の塗布もします。

ホーム・ケア

個人でするケアです。歯を染めて磨き残しをチェックしたり、口の中を撮影した画像を見ていただいたりしながら、効果的な磨き方を実感として覚えていただきます。
食事ごとと寝る前のブラッシングが基本で、歯磨き剤の量は歯ブラシの半分くらいでじゅうぶんです。
たくさんつけると爽快感が大きく、実際よりもよく磨けた気持ちになってしまうことがあるので気をつけましょう。

殺菌水について

院内感染予防とより効果的な治療のために

当院で新しく導入したのが、低濃度と高濃度の殺菌水システムです。効果は感染予防面だけでなく、治療面にも大きく及びます。
診療に使う水はすべて電解機能水で、局所の治療には高濃度の電解機能水を使用します。

 

歯垢はバイオフィルムという、薬剤が通らないバリアをもっているのですが、高濃度の電解機能水ならそれを壊し、そのあとに殺菌するという2段階の効果があります。
また、診療台までの配管内についてもシステムの中で殺菌管理されるので、ご安心ください。
献血ができないケースとして「菌血症の可能性があるため、歯石除去を含む出血を伴う歯科治療をして3日以内」という規定がありますが、それをクリアできる設備です。

当院で使用する殺菌水【POICウォーター】

当院で使用している殺菌水は、エピオスによる安全な電解機能水を使用しています。この水は、次亜塩素酸で超純水と塩のみで生成されているので安全です。人体由来の免疫成分で薬剤・薬品を一切使用していませんので、安心してご利用いただけます。

POICウォーターには、殺菌・洗浄のほかに、消臭効果もあるため、むし歯・歯周病予防以外にも、口臭を抑制することができます。

岡村歯科医院 電話番号:048-864-8148
sp_bnr04.png
歯医者/歯科の予約はぶんぶんサ-チデンタル 電話番号:048-864-8148 予防のための定期歯科検診 1・3歳歯科検診 成人歯科検診 岡村歯科医院の虫歯治療 お子様に優しい治療 黄ばんだ歯が気になる方 歯を失ってしまった方