「家族を診るように」そんな気持ちで診療しています

診療案内

診療の流れ

1 電話

お口の中に不安を感じたら、まずはご連絡ください。一番よくないのは、放置して症状が悪化することです。困っていることをお話し下さい。当院は予約制ですが、急患も受け付けています。

 

2 受付

問診票にご記入いただきます。いつから、どこが、どれくらい痛いのか――などを可能な範囲でご記入ください。アレルギーや既往歴もうかがいます。

 

3 カウンセリング

問診票をもとに、スタッフがご相談にお応えします。「地域のホームドクター」として長い実績があるので、気兼ねなくお話いただきたいと思います。

 

4 検査

デジタルレントゲンで検査を行います。その後、口腔内がどのような状態なのかをチェックします。

 

5 治療

検査の結果がわかり次第、患者さんと一緒に治療方針を定めていきます。口腔内の現状説明や、その状態に適した治療方法を提案し、患者さんの意見をお伺いしてから治療方法を決定します。

一般歯科について

歯科治療は痛くありません 怖くありません

歯科医院の診察台が苦手な方はたくさんいらっしゃいますが、虫歯治療を遅らせると、どんどん症状が悪くなってしまいます。
初期に発見できれば、削らずに進行を遅らせるという治療戦略を取ります。
進行してしまったら、虫歯の部位を削って詰め物をしなければなりませんが、今は麻酔技術の向上や機器の開発などで患者さんの負担も軽減されています。
治療後のアフターフォローについても責任を持って行っています。

小児歯科について

早期治療が大切 予防はもっと大切

小児歯科は0歳から始まります。治療も大切ですが、なによりも虫歯にならない予防が重要です。
0歳児では生えたばかりの乳歯をガーゼでケアすることから始まります。虫歯の原因は口の中のミュータンス菌と砂糖がそろったときに発生する酸ですので、そのマッチングをいかに減らすかがポイントになります。
「乳歯が虫歯になってもいずれ永久歯に生え替わるから……」と軽視してはいけません。
乳歯の虫歯は永久歯の歯並びやその後の虫歯スパイラルにもつながるので、しっかりとした対応が必要です。

予防歯科について

始めるのは、今です
虫歯治療はつらいもの――それはみなさん共通の認識です。技術が進んで痛みは減ったとはいうものの、治療はやはり避けたいものです。
重要なのは、予防です。虫歯になっていなくても、「現状が気になってきた」「歯石を取ってほしい」というちょっとだけ芽生えたお気持ちを大切にしてください。
その後のケアに関しても同様に保険診療で受けることができます。虫歯治療が終わったからといって、安心してはいけません。再発の可能性も十分にありますので、むし歯にならないためにも、歯科医院で定期的なケアを受けるようにしましょう。

審美歯科について

「美しく治療したい」という方に

審美歯科という分野には、保険が適用されるケースとされないケースがあります。材料などによります。
かつては、外見の美しさを求める方々だけが関心を持つ分野と思われることもありましたが、現代は違います。
「美しく治療したい」が審美歯科の目的です。「銀歯では満足できない」「奥歯でも白い歯が欲しい」「薄くて丈夫な入れ歯が欲しい」――。より快適な歯、自信を持てる歯にしたい方々の要望に応えています。

口腔外科について

高い技術でていねいに対応

口腔外科は外傷や歯に起因する炎症、顎関節症、嚢胞や腫瘍の診断まで多岐にわたり、代表的な治療分野に親知らずの抜歯があります。

 

状況によっては、ほかの抜歯よりも大がかりになるので痛みや出血への注意が必要ですが、当院では高い技術でていねいな治療を行っています。
顎を動かすと関節が痛んだり音がしたりする顎関節症にも対応します。

親知らずの抜歯について

生えていても虫歯の温床に

親知らずは、歯列の一番奥にあり、顎のスペースがなくて出て来られなかったり、斜めに生えそうになって隣の歯にぶつかったり、水平に近い状態になったりしているケースが多く、痛みや不快感などお口の中の大きなトラブルとなります。
CT(コンピュータ断層撮影)を駆使して骨の中を走る神経や血管と親知らずとの位置関係を慎重に確かめたあと、安全・安心の治療選択をしています。※CTによる撮影は、治療内容等によって必要がある場合に、他の医院で撮影します。
親知らずは歯の頭が見えても、歯ブラシが届きにくく、虫歯になりやすいという特徴もあるので、痛みを感じなくても色が変わったり、かみ合わせの時に相手の歯がないような状況でしたら、相談に来ていただきたいと思います。

顎関節症について

慢性化の前に相談を

顎の関節に関連して、痛みや機能の低下が起きるのが顎関節症です。慢性化してしまう可能性もあります。
悪化した場合、痛みだけでなく、口が開かないなどの症状が起こり、日常生活に支障をきたしてきます。
レントゲンを取り、マウスピースや炎症を取るための投薬などで対応しています。

矯正歯科について

機能面でも美容面でも重要です

歯列は大切です。歯並びが悪いことがコンプレックスになって、笑顔もぎこちなくなってしまう方も多くいます。
外見だけの問題ではありません。
歯列にデコボコがあると歯磨きのブラシも届きにくく、歯垢や歯石の原因になります。
また、噛み合わせを正しくすることで、食べ物をきちんと噛むことができるようになることは、全身の健康にも影響します。
矯正は上の歯4本、下の歯4本が生えた小学校低学年から成人まで行えます。

叢生

歯並びがでこぼこしている状態のことです。「乱ぐい歯」「八重歯」とも言われています。

 
上顎前突

上顎の前歯が、通常よりも前に出すぎている状態のことです。いわゆる「出っ歯」のことです。

 
下顎前突(反対咬合)

下顎の歯が、上顎の歯よりも前に出ている状態のことです。いわゆる「受け口」のことです。

過蓋咬合

上の前歯が、下の前歯に深くかぶさっている状態のことです。

 
空隙歯列弓

歯と歯の間に隙間がある状態のことです。いわゆる「すきっ歯」のことです。

 
開咬

歯を咬み合わせた時、前歯が噛みあわずに隙間ができる状態のことです。

矯正の症例

矯正の症例の治療後です。

訪問歯科について

外出が難しい方はお気軽に

歯科医院に通院していたけど、体調を崩して継続が難しくなった患者さんを中心に訪問診療をしています。
歯医者に行きたくても行けない、施設に入っている方や外出が難しくなった方々はお気軽にお問い合わせ下さい。

往診用治療具を完備

通院していたけれど、体調を崩して継続が難しくなった患者さんを中心に訪問診療をしています。歯医者に行きたくても行けない、施設に入っている方や外出が難しくなった方々はお気軽にお問い合わせ下さい。
・寝たきりで通院が困難な方
・全身疾患等でお身体の不自由な方
・介護施設の方(入居中の方) など
携帯できる歯科治療器具を備えています。お気軽にご相談ください。

インプラント治療について

人工の歯根でしっかり噛める

インプラントは耐久性、噛む力などの面で天然の歯に近く、“第2の永久歯”といわれることもあります。
歯が抜けたあとの顎の骨に人工歯根のボルトを埋め込んで土台を作り、その上に人工の歯をつけるという治療方法です。
1本の歯がなくなった場合から全部の歯がなくなった場合まで適応します。

岡村歯科医院 電話番号:048-864-8148
sp_bnr04.png
歯医者/歯科の予約はぶんぶんサ-チデンタル 電話番号:048-864-8148 予防のための定期歯科検診 1・3歳歯科検診 成人歯科検診 岡村歯科医院の虫歯治療 お子様に優しい治療 黄ばんだ歯が気になる方 歯を失ってしまった方